意識の海の中

閑話休題

怪しいヤツと思われても仕方ないですが、実は私、潜在意識にめちゃ興味があります。
私たちが日常使っている意識は全体のわずか5%ほどなんだとか。
うろ覚えですが思考は1日で約6万回もしているそうなので、それがたった5%の領域でしか行われていないとしたら、残りの95%が稼働したら人間の能力は一体どうなってしまうのか?
人間の持つ能力の可能性にすごくすごく興味を持ってしまうのです。
映画の世界では潜在意識が全開になった人が世界を救ったり、また逆に破壊してしまったりと、とにかくとんでもないパワーを発揮していますが、果たして実際はどうなんでしょうか。

意識を海に例えると、海面は顕在意識なんだそう。
だから、さざ波の時もあれば荒れ狂う波もあるし、大陸が見えて進む目的が決まったり、順調に進んだり、迷ったり、遭難したり、とにかくドラマティックなのです。

では潜在意識はというと、それは深い海の中。
波の影響もなく、外からの音もなく、どこまでも続く深淵の世界。
そして深海の一番底の底は集合意識なのだそうです。
全ての人の意識が繋がった世界。インターネットでいうクラウド的な?感じかもしれません。

私たちが潜在意識下で、何を望んでいるのか?どこに向かおうとしているのか?
今、とても大事な岐路に立っている。そんな風に思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました