私が新倉先生の氣功をお勧めする理由

お知らせ

こんにちはcs60 holon です。
8/29・30で開催する氣功教室のお知らせを再度させてくださいね。
お申込み詳細は↓のリンクからどうぞ

https://www.zen-tai-llc.com/ki-is-love/

そもそも、どうして氣功なのかというお話をいたします。
長いですがどうぞお付き合いくださいね。

2017年に私はステージ2Aという癌の診断を受けました。

当時は大学病院と統合医療の病院(クリニック徳)の両方に通院していました。大きな病院ではどうしても癌の三大治療と言われる「手術・抗がん剤・放射線治療」しか提案してくれないので、相談の余地がなく一刻も早く三大治療のベルトコンベアーに乗るようにと煽ってくるばかりだったのです。
私には三大治療を徹底的に受け続け、若くして亡くなった姉がいましたので、自分は他の方法を試してみたいという願望がありました。

不安がないわけではありません。日々不安との闘いでした。「死」というものは人は誰しも死ぬとわかっていても、いざ身近になってしまうとやはり「生」への執着が出てしまうものです。
そうなって初めて生かされている有り難さとか、ありきたりかもしれませんが生命の輝きというものが私にもわかってきました。
この世界の美しさが日々目に染みていました。
どうしても三大治療に踏み切れない私に、統合医療の先生は「手術だけはしなさい、抗がん剤も放射線治療もしてはいけない」と助言をくださいました。その助言はその時はすごく有り難くてちょっと勇気と安心をもらえたので、手術のことを考えるようになりました。
それでも手術をイメージすると、細胞が酸化していく様子が浮かんできて、それが体内でよくない影響をしている感じがしてしょうがない。手術で良くなっていくイメージが湧かないのです。結局手術も心が決まらずに迷う日々が続いて行きます。

そんなある日、知らない電話番号(しかもアメリカから!)から着信がありました。
どういうわけか、その謎の電話に出てしまったのです。すると、日本語で男性が「あなたのことを聞いたのですがアメリカに氣功治療を受けに来ませんか?」と言うのです。
それが新倉先生とのファーストコンタクトです。
「!!!!!」
本当にびっくりです。
八方塞がりだった私の心が躍りました。心がワクワクしてしょうがない。
何回も何回も新倉先生とやりとりして、
氣功のことも何も知らないけれど行く決心をして、病院から卒業。
当時は大企業で派遣の仕事をしていましたが病気治療で休みたいと言ったら派遣の席を空けておくことができないということで契約解除にされて無職になりました。泣きましたね、病気がわかった時よりも。世知辛い世の中・・・
しかしより自由になったんだと、何一つしがみつくものがない方がいいんだと気持ちを入れ替えてアメリカへ行きました。

滞在は1ヶ月間。
そこは自然の美しいのどかなミシガンの街。
リスやウサギが普通にベランダや駐車場にいて、夜にはホタル、りんごの木やベリーがそこここに実っていて、広〜い開放感に溢れていました。
いるだけで免疫力がアップしそうです。
新倉先生は当時ミシガンで武道の指導と気功治療を道場で行っていましたので、毎日道場へ行って治療を受けました。
一番最初に先生が私の病気をチェックするのですが、渡航前に私は大学病院でMRIからCTから全て検査済み。病院の見立てでは癌はその場所一箇所だけとのことでした。
けれど私には癌の箇所よりも嫌な感じがするところが数カ所ありました。
驚くことに新倉先生は、その嫌な感じがするところを全て言い当てたのです。
そしてアメリカ人のお弟子さん数名に「よし、ここを最初に止めて、それから癌をやっていこう」と仰いました。そして私に「良かったなぁ〜、この時に来れて」と言われました。
それを聞いて、やっぱり自分の嫌な感覚は間違いじゃなかったんだと思いました。
自分の感覚、これは本当に大事にした方がいいですよ!

1ヶ月間毎日気功治療を受けて、本当に毎日楽しく気分良く過ごして、大切な思い出もたくさん作って帰国しました。
それからCS60に出会い、今に至っています。

新倉先生は現在は日本で活動を続けていらっしゃって、時々名古屋にも来られます。
cs60 holon に来るお客様で深刻な病気の方が何名もおられますが、みなさんに気功治療も受けていただいています。CS60と氣功の相乗効果には本当に素晴らしいものがあります。
「氣」はインドのヨガでいうプラーナ、科学的にはスカラー波と言われていまして特にスカラー波は治療にも兵器にも使えるものですが、氣もまさにその通りで人を飛ばすこともできれば治療することもできるのです。是非、良い使い方を覚えて世に役立てて行きたいものです。
この氣と言うものは非常に精妙でして1度体験したくらいではピンとこないかもしれません。
ですが継続していくことで細胞レベルで様々な変化をもたらすと、私自身の体験からお勧めしています。

それから私はたまたま三大治療をしませんでしたが、西洋医学の否定はしません。実際に良くなる方もいますし、人それぞれの選択でいいと思っています。新倉先生はいつも「お医者さんの言うことをちゃんと聞くんだよ」と仰います。病院の治療と平行して代替療法も取り入れてみる、そんなバランス感覚でいられるといいかもしれませんね。

すっかり長くなりました。
ここまでお読みくださって、ありがとうございます!氣功教室でお会いできますように♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました