発酵食品って楽しい

閑話休題

こんにちは、いつもブログをお読みくださりありがとうございます。
今日は私の発酵食品作りの体験レポートです!

昨年の12月に初めて「柚子の酵素ドリンク作り」の教室に参加しまして、大量の柚子酵素を仕込みました。
それまでも、果物で酵素ドリンクを作っている方の記事をFacebookで見たことはあったのですが白砂糖を使うという点がネックとなっていてチャレンジはしませんでした。
それにパラダイス酵母も作ってるので、それで事足りるという理由もありました。
たまたま友達が参加予約していた発酵料理教室で人数が足らなくなり、今回参加したという経緯なのです。
場所は岐阜市内にある「発酵料理のお店 こうじ」(岐阜市本郷町2-16-2 TEL:050-5488-5522)
このお店では季節ごとに様々な食材を使って酵素ドリンクや発酵調味料の教室を開催しています。
もちろん、ランチやディナー、テイクアウトのお弁当やパンの注文もできますよ^ ^ ♪

前知識が全くない状態での参加。
まずは大量の柚子をカットします。
お店のキッチン中に柚子の爽やかな香りが広がります。それだけで清々しい気分。
そこに生の黄麹とお砂糖を加えるのですが、白砂糖ではなく甜菜糖を使用しているのですごくいいと思いました。
容器に入れてかき混ぜて、あとは2週間毎日混ぜて発酵すれば柚子酵素の出来上がり♪
ザルで濾してガラス瓶で保存します。酵素ドリンクを飲む時はお水で薄めて飲みます。
意外すぎるほど簡単でした!味は美味しい柚子ジュースです^ ^
残った柚子の皮も冷蔵庫で保存します。これもまた美味しくて、ついつい食べてしまいます。

こちらが仕込んだ柚子酵素
華やかな発酵料理のランチ

それから2ヶ月が経ち、今度は残りの柚子の皮を使った発酵調味料作りを習うため、再び「発酵料理のお店 こうじ」へ。
先生曰く、食材は捨てるところなんてないそうです。全くその通りで、先人は皆大切に無駄なく食材を使い切ってきました。我々は飽食の時代と言われて久しいですが、またいつ食糧危機の時代が来るかわかりません。食料の備蓄を!と警告している人も最近は増えてきました。そんな時に、こういった知恵があるかどうかが極めて重要になってくるような気がしてなりません。
その知恵をほんの少し伝授してもらいます。
柚子酵素を作った残りの皮は冷蔵庫で保存していましたが、色は茶色くなっています。
普通なら捨ててしまうかもしれません。でも、ちゃんと使えるんですよ。
先生手作りのお味噌と細かくした柚子の皮を合わせて「柚子味噌」に。
唐辛子と塩麹と合わせて「柚子辛麹」やお酢と塩麹と合わせて「柚子酢」も出来上がりました。
これまたあっという間に簡単に完成です。
本当に無駄がない!!!

柚子味噌・柚子辛麹・柚子酢の他に万能だれも作りました。
左下のパンは先生が調合した40種のスパイス入りカレーパン。
全て発酵料理というこだわりのランチ、デザートもついています。

腸活という言葉があります。免疫が腸で作られるので、腸を元気にすることは健康の維持に繋がります。乳酸菌サプリなどで手軽に摂取もできるけれど、こんな風に楽しみながらナチュラルな形で腸活ができると、生活そのものが豊かになって気分もよくなりますね♪
お味噌・お醤油・納豆・お漬物など日本が誇る発酵食品はたくさんありますし、工夫して健康かつフードロスも出さない、生活上手になりたいなぁと憧れてしまうのでした♡

タイトルとURLをコピーしました